Top > どら焼きの歴史

どら焼きの歴史


職人が一枚一枚丁寧に焼き上げましたしっとりやさしいお味「どら焼き」10個ギフトセット

 

どら焼きは伝統的な和菓子。よって、当然ながら、どら焼きには古い歴史があります。

どら焼きの起源には諸説ありますが、変わった説としては、平安末期、武蔵坊弁慶によって発案されたというものがあります。また、最初の誕生は江戸時代だったという説もあります。いずれにしてもどら焼きの起源ははっきりわかっていません。また、どら焼きのネーミングの由来のほうも、「形が銅鑼に似ていることから」という説や「鉄板の代わりに銅鑼の上で焼いたから」説などがあり、こちらもはっきりしないようです。

どら焼きはもともとは餡(あん)をサンドしたものではなく、きんつばのような皮に餡を載せ、皮の端を折りたたんだものであったと言います。そのどら焼きが現在のようなカステラ生地で餡をサンドする形になったのは大正時代のこと。現在も続く上野の和菓子屋「うさぎや」によって考案され、これが全国に広まったというのが通説です。

 コンドロイチン  車下取り  スプリングブーツ  天地人
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
どら焼きとは(2009年8月18日)
どら焼きの歴史(2009年8月18日)
どら焼きの基本レシピ(2009年8月18日)
どら焼きの簡単レシピ(2009年8月18日)