Top > どら焼きとは

どら焼きとは


TVや雑誌で紹介♪黄金のふかふか生地とさっぱり粒あん名古屋コーチン卵どら焼き【宅配包装5個】

 

どら焼き(銅鑼焼き)は和菓子としてはとてもポピュラーなものの一つ。まんがやアニメでおなじみのドラえもんの好物でもあります。そんなどら焼き、結構奥が深く、スーパーの特売から老舗のご贈答用まで、そのクオリティは多岐にわたっています。

どら焼きは和菓子だけに、緑茶にとてもよく合います。どら焼きの形状は、円く焼いたカステラ生地2枚で小豆餡(あずきあん)をサンドしたもの。とはいえ、小豆餡のかわりに生クリームやカスタードクリーム、チョコレートクリームなどを挟んだものや、栗や餅、フルーツなどが一緒に挟まれているものなど、さまざまなバージョンのどら焼きも見られます。

どら焼きの皮は、しっとりしているのが美味しいです。これは生地に蜂蜜を混ぜ込むことで実現できます。この辺はカステラと同じですね。

以上が一般的に知られているどら焼きの概要ですが、同名でありながら内容が違う菓子が存在します。こちらは熱した銅鑼の上で焼いた皮に棒状に延ばした漉し餡(こしあん)を巻き込んだお菓子。京都市の東寺で毎月21日に開かれる「弘法市」にて、その前後3日間限定で、老舗「笹屋伊織」が売っているもので、こちらも「弘法さんのどら焼き」として親しまれています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
どら焼きとは(2009年8月18日)
どら焼きの歴史(2009年8月18日)
どら焼きの基本レシピ(2009年8月18日)
どら焼きの簡単レシピ(2009年8月18日)